駅名の由来 (敬称略)

省線の上を越える鶴見臨港鉄道 開業時の301号機関車試運転 電車車両


 鉄道路線開業当時は、その殆どが埋立地であったため、沿線には地名がついていなかったが、幾つかの新駅に設立発起人等に因んだ名をつけている。
国 道 駅
第一京浜(国道15号線)に隣接

完成当時の国道駅構内 国道駅ホームへの階段
鶴見小野駅  地元の大地主小野重行の「小野」
浅 野 駅 創始者浅野總一郎の「浅野」


大正14年浅野駅

安 善 駅 埋立の功労者・出資者であった安田善次郎の姓から「安」を、名から「善」
武蔵白石駅 日本鋼管初代社長白石元治郎から「白石」
大 川 駅 富士製紙、王子製紙大川平三郎の「大川」
扇 町 駅 創始者浅野總一郎の家紋「扇」