バス事業への進出と撤退


昭和6年10月  昭和6年10月、本山〜二本木間の営業を開始し、その後、綱島温泉まで延長。
昭和12年  昭和12年、海岸軌道の廃止に伴い、同区間にバス路線設置を契機として、バス部門を独立させ、鶴見川崎臨港バス株式会社を設立しました。
昭和13年4月 更に、昭和13年4月、川崎乗合自動車を吸収合併し、同時に社名を川崎鶴見臨港バス株式会社に変更しました。



 その後、資本の移動により、現在は京浜急行電鉄株式会社の子会社となりました。

 現在のJR鶴見線鶴見-国道間の線路下には、当時のバス駐車場の跡が残っています。