そして、未来へ (敬称略)


 昭和2年作成の「鶴見臨港鐵道株式会社要覧」を引用しますと、弊社は「神奈川県川崎及鶴見地先に於い
て東京湾埋立株式會社(現 東亜建設工業株式会社)に依りて完成された百五十万坪の大工業地帯の陸上
運輸連絡を主たる目的とする。」


 この大埋立事業及び港湾設備の完成は浅野總一郎翁の卓見に依るものであり、翁は明治初年より我が国の
港湾改良が急務であることを認識しておりましたが、明治29年に欧米各国を視察した際に、益々その重要である
ことを痛感し、遂に独力でこれを遂行し明治39年埋立を出願し、大正2年工事に着手、昭和2年に膨大な埋立を
完成したものです。


 埋立地は1万トン級の船舶が岸壁に横付けできるよう運河が縦横に通じ、水陸連絡が理想的に出来ている利
便性もあり、東京横浜方面において大量貨物の輸送に不便を感じていた企業は競って進出するようになり、旭硝
子、浅野造船所、芝浦製作所、ライジングサン石油、スタンダード石油、日本石油、三井物産石油部、日清製
粉、東京電力、日本鋼管、浅野セメント、富士電機等、大工場が建設され、数万人の従業員が働くようになり想
像以上の繁栄をみせるに至った。


 埋立地は海陸の諸設備を完備しているものの、陸上の運輸設備が備わっていなければ完全なる工場地帯とし
て発達を期すことは困難であるということで、まずは埋立地内の道路計画を進めると同時に、臨港鉄道を敷設する
ことが急務となり、東京湾埋立株式會社が主となり、埋立地に関係を有する諸會社が主たる出資者となり、範を
海外諸港の所謂「ベルトライン」におき、「鶴見臨港鐵道會社」が生まれたのであります。


 その後紆余曲折を経て(後日更新予定)、第二次世界大戦が激化する中、鉄道事業は昭和18年7月1日付
で鉄道省により戦時買収され、会社の事業目的を喪失しかけた時期もありましたが、 幸いにして戦前に鉄道用
地として取得した未活用の社有地があり、これらを有効活用することで、総合不動産会社を目指して事業を展開
することができました。戦時買収を経た鉄道会社の中には、解散したりやむなく社名変更をした企業もありますが、
弊社は先人の奮闘を紡ぐ使命があるのか、社名を守り続けて、創業来90年を超える社歴を重ねております。


 弊社は今後とも、不動産事業を通じて快適な事務所及び住居空間をご提供できる歴史ある企業として、鶴見
区の皆様の負託にお応えすることでお役に立ちたいと念願しております。


 末永く皆様のご指導ご愛顧を、節にお願い申し上げます。